祖父江 sofia 凜夏

祖父江 sofia 凜夏

響~小説家になる方法~(漫画)の作品登場人物。読みは「そぶえ そふぃあ りか」。

登場作品
響~小説家になる方法~(漫画)
正式名称
祖父江 sofia 凜夏
ふりがな
そぶえ そふぃあ りか
関連商品
Amazon 楽天

概要

北瀬戸高校に通う2年生の女子。超大物純文学作家の祖父江秋人の娘。文芸部で部長を務めており、部誌でのペンネームは「ric@」。母親がフィンランド人のハーフで、非常に整った容姿をしている。ガングロで遊んでいそうな見た目と違い、成績優秀で文才もある。本に対するこだわりが強く、どこか鮎喰響と似通ったところがある。大作家を父に持ち、また自身の能力の高さにも自信があったため、響の文才を目の当たりにした時には呆然自失状態になった。響の才能を認めたあとも、敵わないまでも少しでも近付けるよう、ひたむきに努力を続けている。幼い頃から父親の仕事関係のパーティに出席していた関係で、考え方が大人びており、コミュニケーション能力も高い。上下関係に厳しく、後輩の響が年上の自分を敬った行動をしない、という理由で彼女を叱った事がある。反対に、父親の同業者、鬼島仁にからまれた時には、父親に迷惑がかかるからと、言われっぱなしでおとなしくしているなど、場の空気を読む事に長けている。花井ふみの勧めで、小論社から祖父江秋人の娘である事を明らかにしたうえで小説家デビューした。デビュー作のタイトルは「四季降る塔」で、商業用のペンネームは「祖父江リカ」である。花井の事を一編集者として以上に気に入っている。

登場作品

響~小説家になる方法~

天才的な小説の才能を持つが、非常識な性格の女子高生の鮎食響が、周囲の人々に大きな影響を与え、騒動を巻き起こす姿を描いた青春小説。 関連ページ:響~小説家になる方法~

SHARE
EC
Amazon
logo