神の一手

神の一手

ヒカルの碁(漫画)に登場する用語。読みは「かみのいって」。

登場作品
ヒカルの碁(漫画)
正式名称
神の一手
ふりがな
かみのいって
関連商品
Amazon 楽天

概要

その定義は明言されないが、藤原佐為がそれを極めるために幽霊となってからも現世に執着する、塔矢行洋がそれに最も近い男とされるなど、碁打ちがいつか打ちたいと願う最強の一手を意味する。

登場作品

ヒカルの碁

進藤ヒカルはある日、祖父の持つ古い碁盤に宿っていた棋士の幽霊・藤原佐為に取り憑かれてしまい、彼の言いなりに囲碁を始める。しかし、ライバルとなる塔矢アキラとの対局をきっかけに、自身も囲碁の魅力を知り、ま... 関連ページ:ヒカルの碁

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo