神サマ

神サマ

火の鳥 乱世編(漫画)の登場人物。読みは「かみさま」。別称、テング。

登場作品
火の鳥 乱世編(漫画)
正式名称
神サマ
ふりがな
かみさま
別称
テング
関連商品
Amazon 楽天

概要

『火の鳥 鳳凰編』に登場した我王の晩年の姿。山で仙人のように暮らし、戦で孤児となったヒョウタンカブリたちから神サマと呼ばれている。源義経弁太を引き合わせる。ボス猿の赤兵衛、山犬の白兵衛という兄弟同然に暮らした2匹が、それぞれの群れのリーダーとして権力のために殺し合って死んでいくのを見守る。

登場作品

火の鳥 乱世編

マタギとして暮らしていた弁太は、平家に不満を持つ貴族たちのクーデターに巻き込まれ、家を焼かれ親を殺され、恋人のおぶうを連れ去られる。おぶうを追って山を降りた弁太は源義経と出会い、おぶうへの思いを断ち切... 関連ページ:火の鳥 乱世編

SHARE
EC
Amazon
logo