神剣

神剣

八雲立つ(漫画)に登場する霊力を宿した剣。読みは「しんけん」。

登場作品
八雲立つ(漫画)
正式名称
神剣
ふりがな
しんけん
関連商品
Amazon 楽天

概要

甕智彦が神蛇山で鍛えた8振りを指す。迦具土・水蛇・建御雷・山祗・沫那美・狭土の6振りは、真名志の神問いの儀式用に打たれたもの。残る2振り草薙と天叢雲は、素戔嗚の怨念昇華のために生み出された特別な神剣で、強い意思を持った魂が宿っている。

なお、三種の神器の一つ天叢雲(草薙)は大和に献上するために甕智彦が鍛えた同銘の別剣。

登場作品

八雲立つ

演劇「八雲立つ」の舞台構想を練るための取材に同行した大学生七地健生は、取材先の道返神社で、素戔嗚の怨念昇華を悲願として生きる巫覡布椎闇己と出会う。だが、悲願の達成には、闇己を補助する巫覡と、力の増幅器... 関連ページ:八雲立つ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
八雲立つ
logo