神咲 豊多香

神の雫(漫画)の登場人物。読みは「かんざき ゆたか」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神の雫(漫画)
正式名称
神咲 豊多香
ふりがな
かんざき ゆたか

総合スレッド

神咲 豊多香(神の雫)の総合スレッド
2016.10.03 20:47

概要

神咲雫の父親。世界的なワイン評論家で、その能力と影響力は名ソムリエのロバート・M・パーカー・Jr.に匹敵するとも言われている。67歳で膵臓癌により死去。弁護士の霧生涼子とともに作成した遺言状で、20億円以上もの価値を持つワインコレクションをはじめとした遺産は、豊多香が選んだ『十二使徒』と『神の雫』と呼ばれる計13本のワインの銘柄を、イメージキーワードのみが書かれた文章から当てることができた人間が相続権を持つと取り決めた。

また、死の直前に遠峰一青を養子としている。

登場作品

フランス料理店でソムリエ見習いとして働く紫野原みやびは、ある日店に来た太陽ビール社長の間違ったワイン知識をうまく指摘できず、クレーム騒ぎを起こされそうになってしまう。しかしその社長が連れていた社員の神...