神大寺 桃子

神大寺 桃子

火の玉ボーイ(漫画)の登場人物。読みは「じんだいじ ももこ」。別称、モン。

登場作品
火の玉ボーイ(漫画)
正式名称
神大寺 桃子
ふりがな
じんだいじ ももこ
別称
モン
関連商品
Amazon 楽天

概要

湘南の寺に住み、真昼野高校に通う少女。父は外務省の役人でパリにおり、姉の神大寺愛鈴はロンドンに在住。ウィンドサーフィンを巡る抗争にタマと共に巻き込まれ、友情を結んだ。タマの父・マーローからタマを暴走させる手段を聞き、しばしば彼のハングリーパワーを(ステーキで釣るなどして)発揮させるキーとなる。

真昼野高校の校長を務める祖父がタママーローを離れに住まわせているため、タマとは同居同然の生活を送るが、仲は進展せず友人のような関係が続いた。暮林真理子の出現からタマへの恋を自覚するが、暮林真理子とも友情を結び、穏やかな三角関係となる。

敵対関係にあった杏藤摂子タマへ恋した事に当初は反発したが、やがて認めて仲間に迎えた。高校卒業後は絵本作家を志し専門学校に進む。タマの東大受験当日に虫垂炎を発症し、心ならずもタマの受験を妨害してしまったが、最終的にタマと相思相愛になる。

登場作品

火の玉ボーイ

父親・火野麻郎を探して湘南にたどりついたタマこと火野玉男は、現地でウィンドサーフィンを巡る若者たちの抗争に巻き込まれ、驚異的な力を発揮して解決する。神大寺桃子とその祖父に気に入られたタマは、父とも再会... 関連ページ:火の玉ボーイ

SHARE
EC
Amazon
logo