神子 サエ

神子 サエ

カムイ外伝 第二部(漫画)の登場人物。

登場作品
カムイ外伝 第二部(漫画)
正式名称
神子 サエ
関連商品
Amazon 楽天

概要

押方五万石の郡代神子重左ヱ門の次女で、不見流隠月の太刀(かげりのたち)の使い手。追忍との戦いで傷ついたカムイを救い、カムイは下男となって神子家に仕えることに。押方藩を食い物にする悪徳商人井筒屋と組んだ筆頭家老の島津玄藩は、領主の対馬守も抱き込んで倹約令と年貢の過酷な取り立てを推し進め、対立する神子重左ヱ門が対馬守の遊興を避難したことを理由に蟄居閉門を申し付ける。

さらに神子重左ヱ門の長女の婿で目付の坂本右京も上意を理由に殺され、神子重左ヱ門は御役御免、家名断絶とされたばかりか、息子たちと共に切腹を申し付けられ、立ち向かうも三人共に斬殺されてしまう。

だが神子サエはカムイの助けで、父と共に家老一派と井筒屋のつながりを調べていた戸沢村の大庄屋義平ヱが書いた書状を入手。江戸への直訴を決意した神子サエは不正の証拠が記されたその書状を持って老中阿部豊後守に訴えるが、長く留置された末に対馬守死去によるお家断絶と改易を知らされる。

だが対馬守は死んだのではなくカムイに拉致され、乞食に身を落としていた。

関連人物・キャラクター

夙のカムイ

夙谷の非人部落出身の天才忍者。自由を求めて忍者になったが、その非情な掟に反逆して抜け忍となり、同郷の追忍たちから追われる身となった。変移抜刀霞斬りや飯綱落とし、十文字霞崩しなどの必殺技を持つ。旅先では... 関連ページ:夙のカムイ

登場作品

カムイ外伝 第二部

江戸時代の寛文年間、非人とされる部落民から忍者となったカムイは非情な宿命に反逆して抜け忍となり、追っ手の追忍たちに狙われては打ち倒していく。逃亡の旅の中で同じ抜け忍や盗賊一味の小頭など、様々な困難を背... 関連ページ:カムイ外伝 第二部

SHARE
EC
Amazon
logo