神宮 響

神宮 響

男どアホウ甲子園(漫画)の登場人物。読みは「じんぐう ひびき」。

登場作品
男どアホウ甲子園(漫画)
正式名称
神宮 響
ふりがな
じんぐう ひびき
関連商品
Amazon 楽天

概要

慶應義塾大学野球部右翼手。右投右打、背番号5。1年の春季リーグから4番を打つ慶應の主砲。自ら削ったバットを使用する。ボールをゴムまりのように場外まで軽々と運ぶ超長距離砲。当初、ヤクルトスワローズの秘密兵器だったが、プロ野球ドラフト会議で阪神タイガースが指名したため入団を拒否。

六大学野球の慶應へ進む。彼をライバル視する藤村甲子園が東大へ進学し、早大・鬼塚幽次郎を含めた六大学野球を舞台とする三つ巴の闘いが展開される。鬼塚幽次郎からまだまだ子供野球だと揶揄されるが、秋季大会優勝決定戦では藤村甲子園の剛球を確実に捉え、三打席連続でスタンドへ運んだ。

投手・藤村甲子園にとって最大最強のバッター。

関連人物・キャラクター

藤村 甲子園

南波高校野球部投手、背番号1。東京大学野球部投手、背番号1。阪神タイガース投手、背番号111。左投左打。昭和29年5月5日、甲子園球場の隣の藤村家に長男として誕生。甲子園球場と阪神タイガースをこよなく... 関連ページ:藤村 甲子園

登場作品

男どアホウ甲子園

甲子園球場と阪神タイガースを愛する野球狂の祖父に、甲子園球場の名前を授かり誕生した伝説の剛球投手・藤村甲子園が、仲間やライバル達としのぎを削り成長する姿を描く。漫画家・水島新司の初期のヒット作。続編に... 関連ページ:男どアホウ甲子園

SHARE
EC
Amazon
logo