神崎 翔太

図書館の主(漫画)の登場人物。読みは「かんざき しょうた」。

  • 神崎 翔太
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
図書館の主(漫画)
正式名称
神崎 翔太
ふりがな
かんざき しょうた

総合スレッド

神崎 翔太(図書館の主)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

初登場時は、小学4年生の男児。仲間の清水健志らと、退屈しのぎに同級生の野口をいじめていたが、宿題のため入ったタチアオイ児童図書館で、御子柴から『宝島』を勧められ、以後本の虜となり、それが縁で野口とも仲良くなる。その後も様々な出来事に立ち会ったり関わったりして、小学6年に進級したときは図書委員になっている。

登場人物・キャラクター

私立の児童書専門のタチアオイ児童図書館で、司書を務める青年。口は悪いが知識が非常に豊富で観察力に優れ、人を見てその人間にあった児童書を示すことができる。眼鏡をかけ、オトガイがとがっていて、いつも黒いエ...

登場作品

中小企業の課長で、すさんだ生活をしていた30代の男、宮本は、忘年会の帰りに、まだ照明が明るく点った私立のタチアオイ児童図書館に入り込んでしまう。そこで出会った口の悪い男、御子柴貴生と話をし、本の整理を...