神帝ブゥアー

マップス(漫画)の登場人物。読みは「しんていぶぅあー」。別称、ブゥアー。

  • 神帝ブゥアー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
マップス(漫画)
正式名称
神帝ブゥアー
ふりがな
しんていぶぅあー
別称
ブゥアー

総合スレッド

神帝ブゥアー(マップス)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

評議会の長で伝承族を統べる。勇者伝説を元に銀河が一つにまとまろうとした時、銀河系の生命を使った生贄砲を放つと宣言する。その正体は過去文明が宇宙の全てを記録しようとした生体装置。記憶の増大と共に巨大化し、その維持に必要なエネルギーが不足すると判明した段階で、記録によるシミュレートと現実の差異がない事を計算。

記憶を維持するために現実を消去して記憶の増加を防ぐという本末転倒な行動に出る。

関連キーワード

『マップス』に登場する種族。伝説の種族と言われていたが、ダイナック伝説の広まりと共に姿を現した。外観は惑星サイズの巨大な生首で、巨大な脳によるESPや神経索があるので、手足は不要。二齢までは人間サイズ...

登場作品

地球人の少年、十鬼島ゲンは恋人の君塚星見と共に、天使型の宇宙船を駆るリプミラにさらわれた。「さまよえる星人」の末裔であるゲンの身体に、銀河の秘法の在処の地図が隠されているというのだ。銀河を旅するうちに...