神楽 辰之

スカルマン(MEIMU版)(漫画)の登場人物。読みは「かぐら たつゆき」。別称、番場壮吉。黒潮沙羅とは親族関係にある。

  • 神楽 辰之
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
スカルマン(MEIMU版)(漫画)
正式名称
神楽 辰之
ふりがな
かぐら たつゆき
別称
番場壮吉

総合スレッド

神楽 辰之(スカルマン(MEIMU版))の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

現在は大伴製薬となっている旧神楽製薬の社長。神楽村の遺跡から発掘した遺構による新人類誕生を夢見た。また、番場壮吉と名乗って、遺跡を中心とした新興宗教白鈴會を創設。遺構の危険性を感じた黒潮豪蔵によって殺された。

登場人物・キャラクター

黒潮豪蔵の後妻で、白鈴會の理事長。亡夫は旧神楽製薬社長の神楽辰之。沙羅は辰之が夢見た新人類誕生を実現するために、黒潮豪蔵と娘の真耶を利用しようとしている。

関連キーワード

『スカルマン』に登場する宗教団体。神楽村に古くから伝わる土着信仰をもとに番場壮吉が設立した。本尊は、黄泉の国から来迎したとされる遺構。神楽湖に浮かぶ社殿に安置されているのは複製で、実物は大伴グループ本...

登場作品

ルポライターの御子神隼人は、髑髏の仮面をしたスカルマンの事件を探るために故郷でもある大伴市に戻る。そこで隼人は、恩人の黒潮豪蔵や政財界、さらには軍までも加わった陰謀を進めていることを知り、その阻止を決...