祭コンツェルン

男大空(漫画)の組織。読みは「まつりこんつぇるん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
男大空(漫画)
正式名称
祭コンツェルン
ふりがな
まつりこんつぇるん

総合スレッド

祭コンツェルン(男大空)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

祭俵太の父祭万作が一代で築き上げた日本有数のコンツェルン。銀行、製鉄、自動車、不動産など大企業を傘下に持っているが、万作の死により、各会社は5人の息子たちに譲り渡された。その後、兄たちが死んだため、俵太は、すべてを売りに出してしまっている。

関連キーワード

『男大空』の組織。祭コンツェルンの最大の競争相手。祭コンツェルンがわずか一代で急成長した企業であるのに対し、「歴史も規模も格が違う」と、その総帥鬼堂軍四郎が語っている日本最大の財閥。祭コンツェルンを敵...
祭コンツェルンが経営する高校だが、その実態は、教師もやる気を失い、七人委員会という不良グループが牛耳る荒廃した学校だった。祭俵太は、父の遺産として学校を受け継ぎ、校長としてやってくることになる。後に、...

登場作品

日本有数の祭コンツェルンの総帥が、ライバル企業東西財閥の差し金により暗殺されたのを機に、それぞれの息子祭俵太と、鬼堂凱との宿命の対決が始まる。戦いの中で、俵太は4人の兄たちを失いながらも、七人委員会な...