福田 タカノリ

イエスタデイをうたって(漫画)の登場人物。読みは「ふくだ たかのり」。

  • 福田 タカノリ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イエスタデイをうたって(漫画)
正式名称
福田 タカノリ
ふりがな
ふくだ たかのり

総合スレッド

福田 タカノリ(イエスタデイをうたって)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

魚住陸生森ノ目榀子の大学同期で友人。陸生とは異なりまっとうに就職するが、卒業後も何かと陸生のアパートを訪れていた。榀子が東京に戻ってきていることを伝えたり、写真ギャラリーでのバイトを紹介したり、陸生の人生に影響を与える。徹底したリアリストであり、経済的合理性の観点から早々に結婚を決めた。

学生時代は趣味に没頭する面もあり、熱帯魚飼育に夢中になったり、バイトに明け暮れてミニクーパーを購入したりした過去も。しかしミニクーパーは結納金調達のため売却してしまう。陸生の人生相談に乗ったり一方的にアドバイスしたりすることがあるが、そうした際はリアリストの視点から厳しい意見を述べることが多い。

なお物語冒頭では陸生に総一と記された名刺を渡すシーンが描かれるが、のちに登場した際にはタカノリとなっていた。これは総一表記を忘れていたためで、タカノリが正式な名前であると作者インタビューで明かされた。

登場人物・キャラクター

大学での就職活動時期に自分のやりたいことが見つからず、過大な責任を負わないで住むフリーターとしてコンビニで働いていた。廃棄弁当をカラスに与えて餌付けしていたところ、そのうちの一羽・カンスケの飼い主であ...

登場作品

大学在学中、自分のやりたいことが見つからないため就職活動をせずフリーターになる道を選んだ魚住陸生。ある日、陸生がバイトをするコンビニの廃棄弁当をカラスに与えて餌付けしていると、ひとりの見知らぬ少女から...