秋元 亮太

骨董屋優子(漫画)の登場人物。読みは「あきもと りょうた」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
骨董屋優子(漫画)
正式名称
秋元 亮太
ふりがな
あきもと りょうた

総合スレッド

秋元 亮太(骨董屋優子)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

箱崎優子池端東介が古伊万里の贋作について調べに行った九州で出会った青年。大内陶犀の弟子でかなりの才能の持ち主だったが、破門同然で半年くらいで辞めている。以前は、年が離れた章一というロクロ師の兄と二人で作品を制作していたが、兄弟喧嘩をして章一は他の土地に出て行ったらしい。

贋作を売るブローカーに頼まれて贋物の古伊万里の茶碗を作っているが、本人は贋作かどうかなど問題ではなく、ただ古伊万里を愛して美を追求している。

登場作品

箱崎優子は東京の谷中にある骨董屋、谷中古稀堂の一人娘で三代目として修行中。幼い頃から手で触ったぬくもりで、物の真贋を見分けられる才能を持っている。ある日、山中で茶碗を抱いた白骨死体が見つかり、その茶碗...