秋山 信三郎 好古

秋山 信三郎 好古

日露戦争物語(漫画)の登場人物。読みは「あきやま しんざぶろう よしふる」。

登場作品
日露戦争物語(漫画)
正式名称
秋山 信三郎 好古
ふりがな
あきやま しんざぶろう よしふる
関連商品
Amazon 楽天

概要

廃刀令により没落した四国、松山にある家の三男で、秋山淳五郎真之の兄にあたる人物。後に帝国陸軍騎兵を組織して世界最強を誇ったコサック騎兵を撃退、「日本騎兵の父」と賞される陸軍軍人となる。真之の進学を援助する甲斐性を見せる反面、非常に厳格で贅沢を嫌う倹約家、上京した真之白川精一郎を居候させていたときには修行のような厳しい生活をさせていた。

登場作品

日露戦争物語

明治7年の秋、四国の松山で暮らしていた、廃刀令により職を失った武士の息子、秋山淳五郎真之は、貧しいながらも、持ち前のわんぱくな性格と器用さでたくましく生きていた。武士の時代とは立場が逆転した町人の子供... 関連ページ:日露戦争物語

SHARE
EC
Amazon
logo