秋山 大治郎

秋山 大治郎

剣客商売(漫画)の主人公。読みは「あきやま だいじろう」。

登場作品
剣客商売(漫画)
正式名称
秋山 大治郎
ふりがな
あきやま だいじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

秋山小兵衛のひとり息子。小柄な父とは異なり、大柄な体躯を持つ剣客。幼少時より小兵衛に剣の手ほどきを受け、優れた剣才を見せた。諸国武者修行の後、小兵衛に道場を建ててもらい、独り立ちするが、剣客として生計を立てることに関しては父にはまだ到底及ばない。その剣の腕は、田沼意次主催の剣術試合で七人抜きを達成するほどである。

しかし、女性のことにはとんとうとく、後に佐々木三冬に好意を寄せられても、まったく気づかずにいた。受けた恩は必ず返す義に熱い性質。

登場作品

剣客商売

時代は江戸後期。江戸の郊外・鐘ヶ淵のほとりに住む秋山小兵衛は世に隠れた名人として、知る人ぞ知る老剣客である。息子・秋山大治郎も将来を期待された剣客であり、小兵衛は息子に道場を建ててやり、ひとり立ちさせ... 関連ページ:剣客商売

SHARE
EC
Amazon
logo