秋川 伊織

秋川 伊織

外天の夏(漫画)の登場人物。読みは「あきかわ いおり」。

登場作品
外天の夏(漫画)
正式名称
秋川 伊織
ふりがな
あきかわ いおり
関連商品
Amazon 楽天

概要

私立聖蘭高校に通う男子高校生で、暴走族外天の二代目総長を務める。もともとは同じ暴走族の魍魎に所属し、次期統領になる予定だったが、天外冬に心酔し外天のメンバーになった。このため、幼なじみで魍魎にも共に所属していた賀来和國が統領になることになり、関係がこじれて険悪な間柄に(幼いころは伊織と和國とで、巻島亜里沙を屋敷から連れ出すなど非常に仲が良かった)。

冬が事故死すると外天の二代目総長に就任するが、修理した冬の愛車CB750 K0で事故を起こした亜里沙を身を挺して守ったことで昏睡状態となり、長らく病院に入院していた。だがある夜、意識を取り戻し外出。

願掛けのため道路に空いた大穴を愛車のFTRで飛び越そうとする天外夏と出会う。その際は名乗り合うことすらせず、伊織は再び昏睡状態に。紆余曲折を経て聖蘭高校に通うこととなったが初登校した当日、運命に導かれるように目を覚ました伊織は聖蘭高校へと赴きと再会。さらにが冬の弟であることを知った伊織は、を外天の集会へと誘うのだった。

冬は生前、自らが率いる外天に、有力な暴走族である魍魎および泥眼を加えた三頭体制で横浜の暴走族世界をまとめあげようと考えていたが、伊織は魍魎とも泥眼とも対立する道を選択。誰かれ構わず事を構えることこそないものの武闘派路線をひた走る。

愛車はカワサキZ400 FXで、その運転技術は卓越しており、また外天は“神音爆速”を標榜する。

登場作品

外天の夏

幼いころから優秀な兄の天外冬と比較されて育ってきた天外夏。しかし両親の期待を一身に背負った冬がバイク事故で死亡したことで、天外家は崩壊してしまう。喪われた物を取り戻そうと、冬が通っていた名門高校への編... 関連ページ:外天の夏

SHARE
EC
Amazon
logo