秋本 善喜

愛がゆく(漫画)の登場人物。読みは「あきもと ぜんき」。別称、秋本。秋元涼とは親族関係にある。

  • 秋本 善喜
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
愛がゆく(漫画)
正式名称
秋本 善喜
ふりがな
あきもと ぜんき
別称
秋本

総合スレッド

秋本 善喜(愛がゆく)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

北条愛の理解者。秋本涼の実父。男手ひとつでを育てた。ヤクザの親分で大きな屋敷で暮らしている。人相は悪いが、心優しく大の子供好き。の本当の両親を探した方がいいというとは反対に、松五郎が育てるべきだと勧めた。のことを孫のように可愛がり、サンタに扮してお金のない松五郎宅に食べ物やおもちゃをこっそり送っていたが、本人たちにはバレていた。

登場人物・キャラクター

生まれてすぐ、母親によって未来から現代に送り込まれ、浮浪者の北条松五郎に拾われた。幼い頃から動物と会話ができたり、瞬間移動や超回復の能力を持つ。未来から一緒に送られてきた帽子を通して母親と交信すること...
北条愛の理解者。婦人警官。北条松五郎が街で暴れて牢に入った際、愛の面倒を見ることになる。愛が松五郎以外で懐いた唯一の人物であり、それ以降、家族のように見守ってきた。愛の不思議な能力に本人より先に気づき...

登場作品

天涯孤独の身である北条松五郎は、街を歩けば子供が泣き出してしまうほど、恐ろしい人相をした大男。おまけにとんでもない数の前科もちであったため、働き場所が見つかるワケもなく、ただフラフラと生活を送っていた...