秋葉 融明

秋葉 融明

風恋記(漫画)の主人公。読みは「あきば とおるあき」。別称、融。秋葉の介とは親族関係にある。

登場作品
風恋記(漫画)
正式名称
秋葉 融明
ふりがな
あきば とおるあき
別称
別称
和田の小冠者
関連商品
Amazon 楽天

概要

『風恋記』の主人公の1人。武蔵の国の豪族、秋葉の介の跡継ぎの男子。天紋の証と言われる額に黒子を持つ。子連れの後妻をもらった父と衝突し、母方の祖父、和田義盛の家へ居候し和田の小冠者と呼ばれる。露近を救えなかった悔恨をかかえ成長。平家の落人らしき娘、しほりと出会い恋に落ちる。和田一族の反乱で京まで逃げ延び、幼い頃兄弟のように育った露近と再会。

「天紋地紋そろえば天下がとれる」という古い伝えを信じる後鳥羽院や、院を取り巻く権力者たちの思惑に巻き込まれていく。

関連人物・キャラクター

秋葉の介

武蔵の国の豪族。秋葉融明の父。相模の和田義盛の娘との間に4人の子を儲けるが、三浦義村の妹の加代を、連れ子仙丸と共に後妻にもらう。加代に骨抜きにされ跡継ぎの秋葉融明を手放す。和田の反乱に組みせず、討伐隊に参加し生き残る。

登場作品

風恋記

鎌倉時代中期。権力を増す幕府を従えたいと願い、「天紋地紋そろえば天下がとれる」という言い伝えを信じた朝廷の権力者後鳥羽院が、これを手に入れようと画策する。天紋を持つ秋葉融明と地紋を持つ露近の二人が織り... 関連ページ:風恋記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
露近
後鳥羽院
しほり
和田 義盛
logo