秤屋 小平治

江戸前鮨職人きららの仕事(漫画)の登場人物。読みは「はかりや こへいじ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
江戸前鮨職人きららの仕事(漫画)
正式名称
秤屋 小平治
ふりがな
はかりや こへいじ

総合スレッド

秤屋 小平治(江戸前鮨職人きららの仕事)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

銀座の鮨屋きなりのご意見番で、元は伝説の渡り職人でもある。「鮨の鬼神」とよばれていた頃もあり、年は百歳に近い。本手返しを得意とし、今でもプロ顔負けの仕事をする。海棠きららを見込み、修業をつけることになる。

登場作品

江戸前鮨の伝統を受け継いだ若き鮨職人、海棠きらら。店の主人であった祖父が倒れたため、一人で店を守りつつ修業に励むことになった。しかし経験不足もあって経営は立ち行かなくなってしまう。そんな状況を打開する...