秦宮括

秦宮括

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「しんていかつ」。竜我雷とはライバル関係。

登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
秦宮括
ふりがな
しんていかつ
関連商品
Amazon 楽天

概要

銀河の辺境に位置する異民族国家・西羌国の王子で、武芸に秀でた若武者である。五丈国を追われ西羌国に亡命していた玄偉を訝しんでおり、父王・秦罵に玄偉を重用しないよう諫言するが、かえって不興を買い謹慎を命ぜられた。その後、秦罵は玄偉の言うなりに五丈国に侵攻し、あえなく戦死。

国王に即位した秦宮括は、自身の言が受け入れられなかったとはいえ、父の仇を討つ復讐戦を挑み、勇名に恥じない戦いぶりを見せるが敗北。敗者として、竜我雷の元へ引き立てられ、そのとき彼の器の大きさに触れることになる。そして、竜我雷との間に友誼を結んで共存の道を歩み始める。

関連人物・キャラクター

竜我雷

五丈国の平民上がりの軍人で、登場時は海兵団突撃中隊長を務めていた。五丈国が佐倉を攻めた際に、紫紋の父・阿曽主禅を討ち取る戦功を立て、その活躍ぶりなどが五丈国の四天王・狼刃の目に留まる。そして、狼刃麾下... 関連ページ:竜我雷

登場作品

銀河戦国群雄伝ライ

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ... 関連ページ:銀河戦国群雄伝ライ

SHARE
EC
Amazon
logo