種田 咲野

まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-(漫画)の登場人物。読みは「たねだ さきの」。種田正一、種田健とは親族関係にある。

  • 種田 咲野
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-(漫画)
正式名称
種田 咲野
ふりがな
たねだ さきの

総合スレッド

種田 咲野(まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

旧姓佐藤。種田正一の妻。息子に種田健がいる。正一から借金のかたに売り払われようとされても、「正一さんのすることだから」と夫を信じ続ける。それが正一を甘えさせ、酒を飲んで荒れても許されるという理由になると実の兄から指摘される。しかし、最後まで「正一の妻」である自覚を持ち、支え続けた。

正一の行動を理解できないが納得してついていく。

登場人物・キャラクター

明治15年、山口県生まれ。後に「山頭火」の俳号を持つ俳人。10歳のとき母を自殺で亡くし、以来女性に、ひいては人間の感情にコンプレックスをもつ。文芸同人に参加した大学生時代から、俳句に優れた才能を発揮す...
種田夫婦の一人息子。最初は父を慕っていたが、母にかける苦労を知り、震災から帰宅した頃にはすっかり軽蔑していた。しかし、寺で何かを摑もうとひたすらな父の姿をみて、「ぼくは父さまみたいにゃなりたくなかばっ...

登場作品

山口県の豪農・「大種田」家の跡取り息子として産まれた種田正一は、10歳のとき父の放蕩で母の自殺に遭う。以来、その母の位牌を持ち歩き、「父のようになりたくない」と足掻くが、自身もまた酒に溺れ、家庭を放棄...