種痘

陽だまりの樹(テレビアニメ)に登場する治療法。読みは「しゅとう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
陽だまりの樹(テレビアニメ)
正式名称
種痘
ふりがな
しゅとう

総合スレッド

種痘(陽だまりの樹)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

江戸時代、致死率の高い伝説病として恐れられていた痘瘡(天然痘)への予防接種。18世紀末にイギリスの医師ジェンナーによって、痘瘡に感染した牛の膿を人間に移植する方法が考案された。

安全性が高く、簡便なために世界中に普及した。幕末の日本でも各地で行われているが、江戸では漢方医の抵抗が強く、普及が遅れていた。手塚良庵の父である蘭方医手塚良仙は、この治療法の江戸での普及に奔走する。

登場人物・キャラクター

医師手塚良庵の父である府中藩藩医。丸眼鏡と土壌髭が特徴的な蘭方医。飄々として性格で、息子同様色町を好むが、医師としての腕は確かで、開明的な思想を持つ。伝染病の痘瘡(天然痘)の予防接種である種痘を日本で...

登場作品

開国を迫る諸外国が来航していた幕末の日本に、対照的な二人の若者がいた。関東のとある小藩の下級武士である侍の伊武谷万次郎、そして江戸の医師手塚良庵である。無骨者の伊武谷万次郎と放蕩者の手塚良庵は対照的な...