稲生 平太郎

八百八だぬき(漫画)の主人公。読みは「いのう へいたろう」。

  • 稲生 平太郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八百八だぬき(漫画)
正式名称
稲生 平太郎
ふりがな
いのう へいたろう

総合スレッド

稲生 平太郎(八百八だぬき)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

広島出身の少年武士。生まれつき力が強く、体が丈夫な子供だった。祖父は化け狸退治をした稲生武太夫で、武太夫が稲荷大明神からもたらされた狸退治の魔法の力を持つ稲荷の槌を受け継いでいる。武術や勉強を教わったひげ仙人から、地面を揺らして相手をひっくり返すどんでんがえしの術、遠くにいる者を気絶させる遠当ての術を習得している。

腕の立つ豪傑として、広島藩の浅野家に自分を売り込み、見事召抱えられた。

登場人物・キャラクター

浅野の殿さまの命により、豪傑を探していた稲生平太郎が召抱えた剣闘士。西洋と東洋の剣術ができる。

登場作品

広島の稲生和助の家に生まれた稲生平太郎は生まれつき力が強く、丈夫な子供だった。ある日、病に倒れた和助は平太郎に稲生家が武士であることを伝え、先祖伝来の槌を渡すと亡くなってしまう。天涯孤独の身となり、武...