穂波 多助

サムライうさぎ(漫画)の登場人物。読みは「ほなみ たすけ」。別称、ほなみん。

  • 穂波 多助
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サムライうさぎ(漫画)
正式名称
穂波 多助
ふりがな
ほなみ たすけ
別称
ほなみん

総合スレッド

穂波 多助(サムライうさぎ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

幕府とつながりのある講武館の元門弟だった。しかし講武館のやりかたに納得がいかず抜けたところ、摂津正雪の頼みで「うさぎ道場」に入門することになる。「神速の居合い」と呼ばれる居合い抜きの達人で、一瞬で多数の傷を相手に負わせるほどの剣術を身につけている。

登場人物・キャラクター

22歳で、宇田川志乃の兄。宇田川伍助にとっても兄貴分のようなところがあり、門下生の少ない「うさぎ道場」に残ることになる。チャラチャラした性格と、この時代においては最先端をいくイケメンで、常にモテており...

関連キーワード

15歳の宇田川伍助が師範となり、妻の宇田川志乃と切り盛りしている。名前の由来は「うさぎは月まで飛ぼうとがんばってるヤツラだから」。剣術が好きな人だけを集めようと考えており、特に理念はない。

登場作品

江戸末期。上下関係の厳しい武家社会で理不尽に父と兄を失った15歳の宇田川伍助。まだ若い彼は、武士道のあり方に疑問を感じ、正々堂々、剣術も、自分の心も強くありたいと願い、同い年の妻宇田川志乃と「うさぎ道...