穂津見 霧江

穂津見 霧江

朱鷺色三角(漫画)の登場人物。読みは「ほづみ きりえ」。別称、霧江。

登場作品
朱鷺色三角(漫画)
正式名称
穂津見 霧江
ふりがな
ほづみ きりえ
別称
霧江
関連商品
Amazon 楽天

概要

穂津見家の次女。にだけ異常に甘い。実の兄霙一に惚れていて、一夜の過ちでを生む。しかし、世間体を気にした本家によって、は長女露子が引き取った。その後、京都のお土産屋で働きながら暮らし、今井という婚約者を連れて、蒼島に戻ってきた。穂津見家の遺産がに入らないと知り、今井を利用し、さらに穂津見家特有の超能力を使い、親族の連続殺人を計画する。

も殺そうとするが、の力で返り討ちにあい、海へと消えた。

登場作品

朱鷺色三角

主人公の穂津見霖の一族は、超能力で瀬戸内海の海賊から島を守ってきたという特殊な一族。最初の2話は「螢たちは笑う」というタイトルで前後編が発表され、その後「朱鷺色三角」というタイトルで連載がスタートした... 関連ページ:朱鷺色三角

SHARE
EC
Amazon
logo