穂積 一至

天使のツラノカワ(漫画)の登場人物。読みは「ほづみ かずし」。

  • 穂積 一至
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天使のツラノカワ(漫画)
正式名称
穂積 一至
ふりがな
ほづみ かずし

総合スレッド

穂積 一至(天使のツラノカワ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

『天使のツラノカワ』の登場人物で紫生の父親。穂積グループの会長。一至の父がクリスチャンであったため、一至と紫生もミッションスクールを出ている。紫生との確執などがあったため、いつも険しい表情をしていたが、一至の手術が成功するようにと、毎日教会でお祈りしてくれた篠原美花と打ち解けて心を開いて行く。

舞台『カルナバルが終ったら』のオーディションでの紫生の姿に心を打たれ、舞台のスポンサーになることを申し出る。

登場人物・キャラクター

牧師の娘で大学1年生。敬虔なクリスチャンで、毎日神様への祈りは欠かさない。飲酒や喫煙を一切しない真面目な性格の半面、世間知らずな側面もある。また、間違っていると思うことがあれば年上の龍世や紫生の父親に...

登場作品

敬虔なクリスチャンだった篠原美花は神を信じて慎ましく生きてきた。しかし恋人の浮気、けが、空き巣などのさんざんな目に遭い、神様はいないこと悟る。そんな美花の前に現れた龍世、紫生、沙羅の3人の男女によって...