立川 兵衛

佐武と市捕物控(漫画)の登場人物。読みは「たてかわ ひょうえ」。別称、立川 兵雨。佐武とはライバル関係。

  • 立川 兵衛
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
佐武と市捕物控(漫画)
正式名称
立川 兵衛
ふりがな
たてかわ ひょうえ
別称
立川 兵雨

総合スレッド

立川 兵衛(佐武と市捕物控)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

佐武捕縄術を教えた。元武士だが、甲州で佐武と出会った頃は絵師となり、立川兵雨と名乗っていた。山の村の名主の居候だったが、水門を開けるよう談判に来た佐武の父親を斬って、江戸に出奔した。佐武は仇をうつつもりで、村を出て江戸にやってきた。

登場人物・キャラクター

岡引き佐平次のもとで下引きとして働く。先端に十手をつけて縄を操る「捕縄術」の名手である。推理力にも長けている。甲州巨摩郡私市村の貧農のせがれだったが、父親の仇をうつため江戸にやってきた。たまたま佐平次...

登場作品

江戸時代、下引きの佐武とあんまで盲目の松の市は息の合ったコンビとして、江戸の町で捕り物に奔走する毎日。時には、血なまぐさい斬り合いにもなるが、捕縄術の名手佐武は、居合いの達人市の力を借りて、事件を解決...