立花 彩香

女帝(漫画)の主人公。読みは「たちばな あやか」。

  • 立花 彩香
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女帝(漫画)
正式名称
立花 彩香
ふりがな
たちばな あやか

総合スレッド

立花 彩香(女帝)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

自らの才覚と美貌を武器に、水商売の世界の女帝になることを目指す女性。熊本でスナックを営む母親の西崎麻里子のもと、貧しい母子家庭で育つ。苦労しながらも、女手ひとつで自分を育ててくれた母親に深い感謝と尊敬の念を抱いており、母親や水商売を侮辱されると強い怒りを露にする。高校時代は生徒会の副会長を務めるなど優秀な生徒だったが、卒業を間近に控えた時期に麻里子がガンで倒れたため高校を中退し、ホステスとして生きることを決意。

高校の同級生でボーイフレンドでもあった杉野謙一や、その父親で地元の名士である杉野謙蔵から屈辱的な対応をされたことから、金と権力を傘に他者を見下す人々への強い復讐心を抱くようになった。

麻里子の死後、大阪でホステスとなり、のちに東京へ出て銀座のクラブ・佐和の№1ホステスとなる。その後さまざまな人々との出会いを経て、夜の世界での地位を確立した彩香は、やがて自らの店であるクラブ・彩香を開店。いつしか夜の世界の女帝と呼ばれるまでの存在となる。のちに佐和の黒服だった進藤英二と結婚。

明日香という娘をもうけた。

登場人物・キャラクター

立花彩香の高校時代の同級生だった男性。地元の名士の息子で、彩香に好意を寄せていた。しかし、強引に彩香の体を求めたことがバレた際、彩香のほうから誘惑されたと濡れ衣を着せ、父親の力を使って事件をもみ消す。...
民力党の代議士。登場時は幹事長で、のちに総理大臣に就任する。清廉潔白な人格者として知られ、国民からの人気も高い。実は立花彩香の父であり、20年前にクラブ・佐和のホステスだった西崎麻里子と恋仲になり、そ...
大阪のスナック・麻里子のママ。立花彩香が高校中退後に初めて勤務したスナックで、彩香からは「大阪のお母さん」と呼ばれる。母を亡くし単身で大阪へやってきた彩香のことを心から心配しており、彩香が暴力団員の伊...

登場作品

熊本で暮らす優等生の女子高生・立花彩香は、スナックを営む母親の麻里子と2人、貧乏ながらも幸せな日々を送っていた。だが同時に、同級生で代議士の娘である北條梨奈から、スナックを営む母を侮辱されるなど、水商...