立花 麻里子

立花 麻里子

女帝(漫画)の作品登場人物。読みは「たちばな まりこ」。立花彩香とは親族関係にある。

登場作品
女帝(漫画)
正式名称
立花 麻里子
ふりがな
たちばな まりこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

立花彩香の母親。熊本県でスナック火の国を営んでいた。立花彩香が高校生の時に末期ガンで他界する。若いころに銀座のクラブ佐和でホステスをしており、尾上雄一郎と出会って立花彩香を身ごもったものの、尾上雄一郎の将来を案じて身を引いた。

関連人物・キャラクター

立花彩香

自らの才覚と美貌を武器に、水商売の世界の女帝になることを目指す女性。熊本でスナックを営む母親の西崎麻里子のもと、貧しい母子家庭で育つ。苦労しながらも、女手ひとつで自分を育ててくれた母親に深い感謝と尊敬... 関連ページ:立花彩香

登場作品

女帝

熊本で暮らす優等生の女子高生・立花彩香は、スナックを営む母親の麻里子と2人、貧乏ながらも幸せな日々を送っていた。だが同時に、同級生で代議士の娘である北條梨奈から、スナックを営む母を侮辱されるなど、水商... 関連ページ:女帝

SHARE
EC
Amazon
logo