竜ヶ浦博士

きりひと讃歌(漫画)の登場人物。読みは「たつがうらはかせ」。小山内桐人とはライバル関係。

  • 竜ヶ浦博士
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
きりひと讃歌(漫画)
正式名称
竜ヶ浦博士
ふりがな
たつがうらはかせ

総合スレッド

竜ヶ浦博士(きりひと讃歌)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

M大医学部付属病院第二内科医長。日本医師会の会長選に出馬。モンモウ病が伝染病であるとする自説に対立する仮説を封殺しようと、風土病説を支持する小山内桐人犬神沢へ調査にいかせる。自らもモンモウ病に冒されてなお、かたくなに伝染病説を固持するが、フランクフルト大学のマンハイム博士モンモウ病に似たクオネ・クオラレ病を風土病と断定し、また、モンモウ病の原因である犬神沢の水からもビールスは発見されず、放射線を出す希土類が見つかったことから、その伝染病説は覆され、失意のうちに命を終える。

登場人物・キャラクター

M大医学部付属病院の医師。モンモウ病が伝染病であるとする竜ヶ浦博士に対して、風土病であるという仮説を立てる。モンモウ病が発生する犬神沢で自身がモンモウ病に罹ってしまう。村で生きるため村娘たづと結婚する...

登場作品

M大医学部付属病院の小山内桐人は、人が獣のような姿に変形してしまう奇病モンモウ病を風土病であると仮説をたて、伝染病説を採る竜ヶ浦博士に疎まれるようになる。モンモウ病が発生する徳島県犬神沢へ調査に訪れた...