竜児女

西遊妖猿伝(漫画)の登場人物。読みは「りゅうじじょ」。別称、竜花。

  • 竜児女
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
西遊妖猿伝(漫画)
正式名称
竜児女
ふりがな
りゅうじじょ
別称
竜花

総合スレッド

竜児女(西遊妖猿伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

紅孩児とともに河北に向かった孫悟空が出会った男装の美女。「斉天玄女(せいてんげんにょ)」の称号を持ち、無支奇の声を聞き不思議な術を使うことができる。悟空のことはあらかじめ知っていた上、頭にはやはり金環をつけ、銀箍棒(ぎんこぼう)という悟空の金箍棒と対になる武器を持つ。

紅孩児の仕える劉黒闥に力を貸しており、その裏切り者である金角と銀角を懲らしめていたが、女性であるがゆえに月経期間中は力が使えず、処女でなくなれば力を失う運命を背負っていた。

登場人物・キャラクター

『西遊妖猿伝』の登場人物で、いわゆる『西遊記』に登場する同名キャラクターを元に独自解釈で発展させた存在。平頂山に山塞を構える山賊の頭領兄弟。かつては唐に恭順しない劉黒闥の部下だったが、戦乱に乗じて山賊...
『西遊妖猿伝』の登場人物で、いわゆる『西遊記』に登場する同名キャラクターを元に独自解釈で発展させた存在。唐に属さず、「漢東王」を名乗り河北一帯を治める劉黒闥(りゅうこくたつ)の部下だったが、やっていた...

登場作品

猿に攫われた母親から生まれたとされる孫悟空は、巨大な猿の化け物にして神にも近い存在とされる無支奇と出会い、波乱に満ちた数奇な運命へと導かれることになる。紅孩児や竜児女といった国家に反逆するものと出会い...