竜巻 雷之進

竜巻 雷之進

赤胴鈴之助(漫画)の登場人物。読みは「たつまき らいのしん」。赤胴 鈴之助とはライバル関係。岳林坊とは親族関係にある。

登場作品
赤胴鈴之助(漫画)
正式名称
竜巻 雷之進
ふりがな
たつまき らいのしん
関連商品
Amazon 楽天

概要

千葉道場の門下生。赤胴鈴之助の兄弟子でライバル。剣に天賦の才を持つ。昇段試合で鈴之助に敗れ、ヤケを起こして酒を飲み、真剣試合をしたことで千葉道場を破門される。破門後は道場あらしや、毎夜武士を襲い刀を奪うなどの乱暴をはたらく。兄の岳林坊と結託して、鈴之助を呼び出し決闘するが、鈴之助の正々堂々とした戦いぶりに負けを認め、江戸を去り修行する決意を固める。

2年の旅修行でいなずま斬りという必殺技を体得。鈴之助との正々堂々の勝負で目が覚め、親友となり、千葉道場に戻る。

関連人物・キャラクター

赤胴 鈴之助

日本一の剣客を目指して修行する少年剣士。正しい心と何事にも屈しない根性を持つ。父・鉄之助を亡くし、みなしごとなる。父の形見である赤胴が特徴。父の親友・横車押之助に連れられ、江戸の北辰一刀流千葉道場に入... 関連ページ:赤胴 鈴之助

岳林坊

竜巻雷之進の兄で宝蔵院流の槍の使い手。江戸中の剣術道場を打ち破り、最後に千葉周作を待ち伏せるが、周作には敵わなかった。赤胴鈴之助とも因縁があり、旅に出た鈴之助を付け狙う。後に鬼面党に入党するが、雷之進の説得で正しい道に目覚める。

関連キーワード

千葉道場

『赤胴鈴之助』に登場する組織。神田お玉が池にある北辰一刀流の道場で剣豪千葉周作が開いた。主人公赤胴鈴之助や竜巻雷之進、横車押之助などの手練れが大勢いる江戸一番の道場。ちなみに史実では玄武館と呼ばれていた。

いなずま斬り

『赤胴鈴之助』に登場する必殺技。竜巻雷之進が2年の旅修行で編み出した技。電光石火の居合抜きで相手の体を稲妻型に斬る。

登場作品

赤胴鈴之助

日本一の剣士になる夢を持つ少年剣士・赤胴鈴之助が、師匠やライバルたちに鍛えられながら剣の道を歩んでいく姿を描く。福井英一が自身の読み切り作品『よわむし鈴之助』をもとに連載を開始するが、急逝したため、2... 関連ページ:赤胴鈴之助

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
赤胴 鈴之助
集団・組織
logo