竜水

女犯坊(漫画)の主人公。読みは「りゅうすい」。別称、女犯坊。

  • 竜水
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女犯坊(漫画)
正式名称
竜水
ふりがな
りゅうすい
別称
女犯坊

総合スレッド

竜水(女犯坊)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

強靭な肉体と絶大な性欲の持ち主。馬を担いで疾走し、大伽藍の柱もへし折るほどの体力と、呪殺から妖怪の調伏までできる神通力、さらには怪しげな媚薬や麻薬を作る才能まである。女犯教なる経典を掲げて世直しを宣言するが、実態は気に入った女を犯し、気にくわない男を殺すというもの。無論、刃向かうのなら女も容赦なく殺す。

第一部では従者の岩松とともに江戸を中心に諸国を放浪し、様々な事件を引き起こした。第二部では大奥に足を踏み入れ、権力者である大上臈姉小路を籠絡。井伊直弼らと権力抗争を繰り広げつつ、千代田城の女たちを我がものとした。第三部では明治維新による大奥崩壊の際に姿を消したはずが、九州にある隠れ切支丹の隠れ家にて復活。

仏教の僧侶であるにも関わらず浦上五番くずれを代表とする数多くの切支丹狩りに巻き込まれてしまい、やがてその陰で金儲けに暗躍する政商たちに戦いを挑む。

登場作品

僧侶の女犯が厳しく罰せられる江戸時代、精力絶倫な僧侶竜水は建前ばかりの権力や戒律に反発し、自ら女犯坊と称する。その振る舞いは女は犯し、男は殺すという暴虐三昧。されど、時には弱きを助け強きをくじく一面も...