竹中 半兵衛 重治

竹中 半兵衛 重治

センゴク 天正記(漫画)の登場人物。読みは「たけなか はんべえ しげはる」。

登場作品
センゴク 天正記(漫画)
正式名称
竹中 半兵衛 重治
ふりがな
たけなか はんべえ しげはる
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の武将、竹中半兵衛重治をモデルとしている。羽柴軍の軍師。雑賀攻めの最中に吐血し、次第に体調は悪化して行く。小寺官兵衛孝高とは孤高の天才同士分かり合えるものがあったらしく、官兵衛が謀反を疑われ、織田信長より官兵衛の息子、松寿丸(後の黒田長政)の処刑を命ぜられた時も、官兵衛に叛意が無い事を見抜き、松寿丸を密かに匿っていた。

湯山街道攻めの最中に病を押して秀吉の元を訪れ、感謝の言葉を残して病没する。

登場作品

センゴク 天正記

天正年間。「小谷城の戦い」における功績により千石を拝領した仙石秀久は、一介の兵から家臣団を率いる指揮官としての立場になっていた。武田家、一向宗による織田信長への包囲網は続いており、仙石秀久も羽柴秀吉子... 関連ページ:センゴク 天正記

SHARE
EC
Amazon
logo