竹本 チエ

竹本 チエ

じゃりン子チエ(アニメ映画)の主人公。読みは「たけもと ちえ」。竹本 テツ、竹本 ヨシエとは親族関係にある。

登場作品
じゃりン子チエ(アニメ映画)
正式名称
竹本 チエ
ふりがな
たけもと ちえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

大阪の下町で両親に代わって、家業のホルモン焼き屋を一人で切り盛りする西荻小学校の5年生。ヤクザとも渡り合うほど気丈で大人びた性格だが、遊び人の父親竹本テツには手を焼く一方、父親に愛想を尽かして家を出たやさしい母親の竹本ヨシエとは密かに外で会う日々を重ねている。

普段は雑な格好をしているが素顔は美少女で、また小学校のマラソン大会で優勝するほどの体力の持ち主。それでいて母親を慕い、密かに父親を心配する繊細な心も併せ持っている。

放浪を続けていた野良猫の小鉄が、店の用心棒を務めている。

関連人物・キャラクター

竹本 テツ

チエの父親。博打と喧嘩が好きで、無職でいつもブラブラしている。近辺のヤクザからカツ上げするのが趣味。表情にすぐ出てしまうため、博打は弱い。酒は1滴も飲めず、大の甘党。黒シャツに腹巻きがトレードマークだが、腹巻きを外すと腹を壊すのが弱点。 花井とオバアには滅法弱い。

小鉄

チエの家に転がり込んできた猫。額に三日月の傷がある。チエの命名を気に入らず言うことを聞かぬところがテツにそっくりだと、「小鉄」と言う名になる。掃除やソロバンまでこなすが、かつては「月の輪の雷蔵」などの名で呼ばれた最強の猫で、必殺技は「必殺タマつぶし」。

竹本 ヨシエ

チエの母。しばらく家出状態であった。控えめなタイプだが、テツはヨシエと2人きりになるとガチガチになる。酒を飲むと笑い上戸になる。競争が早かったり、喧嘩を一喝して収束させるなど芯の強い一面も見せる。

登場作品

じゃりン子チエ

スタジオジブリ設立以前に高畑勲が監督した漫画原作映画。大阪下町を舞台にした涙と笑いの人情ドラマで、当時の上方漫才の人気コンビが多数声優として出演している。 関連ページ:じゃりン子チエ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
竹本 テツ
小鉄
logo