笛口 雛実

東京喰種(漫画)の登場人物。読みは「ふえぐち ひなみ」。別称、ヒナミ。

  • 笛口 雛実
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
東京喰種(漫画)
正式名称
笛口 雛実
ふりがな
ふえぐち ひなみ
別称
ヒナミ

総合スレッド

笛口 雛実(東京喰種)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

母親とふたり暮らしをしていた喰種の少女。自分たちで人間を捕食することができず、20区の喫茶店・あんていくのオーナーである芳村から食料を分けてもらいながら生活をしていた。喰種であることがばれないよう、学校にも行かずひっそりと暮らしていたが、CCGの捜査官である真戸に正体を見抜かれたことで、母親を殺されてしまう。

その後は、あんていくに身を寄せ、カネキらと行動をともにするようになった。トーカを「お姉ちゃん」、カネキを「お兄ちゃん」と呼ぶなど、ふたりに対して強い親近感を抱いている。喰種としての潜在能力は高いものの、優しい心の持ち主で戦いには向かない。しかし、五感が極めて鋭いため、戦闘では敵味方の位置などを仲間に伝えるナビゲーターとしての役割を果たすようになる。

登場人物・キャラクター

上井大学文学部国文科に通う大学生。読書好きなごく普通の青年であったが、喰種であるリゼの臓器を移植されたことで半喰種となってしまう。人肉を欲するなど喰種としての性質を持つようになったことに苦悩するも、2...

登場作品

人肉を喰らう怪人・「喰種」がはびこる東京。ごく平凡な大学生であった主人公の金木研(カネキ)は喰種のリゼに襲われ瀕死となるが、鉄骨の落下によりリゼが倒れたことで九死に一生を得る。だが、搬送された病院でリ...