笹森 健太

BAMBOO BLADE B(漫画)の登場人物。読みは「ささもり けんた」。別称、ケンちゃん。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
BAMBOO BLADE B(漫画)
正式名称
笹森 健太
ふりがな
ささもり けんた
別称
ケンちゃん

総合スレッド

笹森 健太(BAMBOO BLADE B)の総合スレッド
2016.07.27 13:25

概要

小学6年生の少年で、ユウとは幼馴染み。実家は笹森道場という剣道場で、幼い頃から祖父に鍛えられた。そのため中学生とも互角に戦えるほどの腕前で、結果的に日々の練習相手となっていたユウを、本人が気付かない内に鍛え上げていた。既に一年後、飛鈴中学校に入学した際には、剣道部に入部することを決めているため、ユウにも剣道部に入って欲しいと思っている。

カグヤの弟である陽は、剣道で互角の勝負ができる数少ない同世代の相手で、ライバル的な存在。やや実力では及んでおらず、いつか陽を倒すためにより強くならねばならないと考えている。ユウ以外の女子が相手では本気を出せなくなったり、迷子になって泣きべそをかくなど、精神的には小学生相応に幼い面もある。

登場作品

主人公大城戸優は、幼い頃から剣道を習ってきたが、幼馴染で小6の笹森健太にまったく勝つことができず、中学では剣道をやるつもりはなかった。そんな中、入部した家庭科部の先輩である川上硯梨が剣道部を掛け持ちし...