筑摩 小四郎

筑摩 小四郎

バジリスク ~甲賀忍法帖~(漫画)の登場人物。読みは「ちくま こしろう」。

登場作品
バジリスク ~甲賀忍法帖~(漫画)
正式名称
筑摩 小四郎
ふりがな
ちくま こしろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

伊賀鍔隠れ衆の一人。鎌を武器としてブーメランのように投げる他、吸息で真空の刃を生み出し、敵を切り刻む術を持つ。薬師寺天膳直属の部下であり天膳への忠誠は厚いが、への思慕の念も強い。

関連人物・キャラクター

薬師寺天膳

伊賀鍔隠れ衆の一人にして、実質的なリーダーとなる。殺されても時間がたてば生き返る肉体を持ち、何度も甲賀を欺く。その能力は伊賀鍔隠れ衆の内部に知れ渡っており、「天膳は殺されても必ず生き返る」という一定の... 関連ページ:薬師寺天膳

関連キーワード

伊賀鍔隠れ衆

『バジリスク ~甲賀忍法帖~』に登場する忍者集団。お幻を頭領とし、服部半蔵をして「なんと禍々しい者共」と言わしめる、奇怪な忍術をそれぞれが用いる。頭領を含む精鋭十人衆が甲賀との死闘に挑んだ。 関連ページ:伊賀鍔隠れ衆

登場作品

バジリスク ~甲賀忍法帖~

忍者の甲賀卍谷衆と伊賀鍔隠れ衆は数百年に渡り対立していたが、約定により不戦が保たれていた。互いの跡取りである弦之介と朧が恋仲となり、確執も解けるかと思われたその折、両家の頭領は徳川家康に呼び出された。... 関連ページ:バジリスク ~甲賀忍法帖~

SHARE
EC
Amazon
logo