範馬 刃牙

範馬 刃牙

バキ(漫画)の主人公。読みは「はんま ばき」。

登場作品
バキ(漫画)
正式名称
範馬 刃牙
ふりがな
はんま ばき
関連商品
Amazon 楽天

概要

男子高校生。選ばれた格闘家たちが集う地下闘技場に最年少の王者として君臨する。世界中から優れた格闘家を集めたトーナメントで優勝して以降は平和な日々を過ごしていた。だが、死刑囚たちに挑まれ、ルール無用かつ場所を選ばない戦いを体験することに。それまで格闘家や野生動物、軍人らと戦ってきたのに加え、想像上の相手と迫真の戦いを行うトレーニング法により、17歳という年齢からは考えられない程に豊富な格闘キャリアを持つ。

体格こそ普通の男子高校生と変わらないが、全身にはこ戦いによる無数の傷が刻まれている。「地上最強の生物」と呼ばれる父・範馬勇次郎に反抗、これを倒すべく様々な格闘家たちと戦って実力を養う。範馬勇次郎や母から格闘技の英才教育を受けてきており、我流の格闘術を駆使。

その強さと穏やかな性格から、多くの格闘家から尊敬と注目を集める。松本梢江への気持ちを自覚し、彼女を守るという動機が加わったことで、より高いレベルの強さを体得した。

関連人物・キャラクター

松本 梢江

女子高校生。範馬刃牙が住んでいた下宿の大家の娘。刃牙の正体を知らなかった頃は、他人に語れる夢を持たない少年であると勘違いしていた。だが、地下闘技場で満身創痍になりながら戦う姿を見て心惹かれるように。格... 関連ページ:松本 梢江

範馬 勇次郎

中年男性。範馬刃牙の父親。人智を越えた強さを誇り、「地上最強の生物」と呼ばれる。その実力は、銃器で武装した相手や北極熊などの猛獣を素手で倒せるほど。また、並みの格闘家であれば、プライドを打ち砕きながら... 関連ページ:範馬 勇次郎

関連キーワード

地下闘技場

『バキ』に登場する施設。東京ドームの地下に存在し、徳川光成に選ばれた格闘技者たちによる試合が行われている。武器さえ使わなければ、通常の格闘技なら反則となる技術の行使することも許容。危険なルールにも関わらず報酬は出ないが、格闘技者たちにとってはここに出場すること自体が名誉かつブランドとなる。

登場作品

バキ

地上最強を決めるトーナメントに優勝した範馬刃牙。彼や、その周囲の格闘家たちと戦うため、世界中から脱獄した死刑囚たちがやってくる。板垣恵介の代表作・『グラップラー刃牙』の続編。 関連ページ:バキ

SHARE
EC
Amazon
logo