範馬 勇次郎

刃牙道(漫画)の登場人物。読みは「はんま ゆうじろう」。別称、オーガ。刃牙とは親族関係にある。

  • 範馬 勇次郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
刃牙道(漫画)
正式名称
範馬 勇次郎
ふりがな
はんま ゆうじろう
別称
オーガ

総合スレッド

範馬 勇次郎(刃牙道)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

『刃牙道』の登場人物で、刃牙の父親。北極熊を素手で屠るほどの力と、戦場で磨かれた格闘術を使うことから「地上最強の生物」と呼ばれる。その強さは大国アメリカが危険視するほど。背中の筋肉が怒張した際に鬼の顔のように見えることからオーガとも称される。前作『範馬刃牙』では刃牙と激突し、その模様がTV放映されたことから一躍有名人になってしまう。

かつては自分の殺傷本能を満たすためだけに格闘家をなぶり者にするような残忍な人物だった。しかし、刃牙との戦いを経て人間性が変化したようで、少年がサインを求めて差し出した色紙を指で切り裂くというサービスを見せることも。

登場人物・キャラクター

我流の格闘術を使う18歳男性。高校生ながら地下闘技場の王座に君臨するほどの強さを持つ。地上最強の生物と呼ばれる父親・範馬勇次郎との戦いを終えたことで目標を見失っていたが、宮本武蔵に大敗したことにより、...

登場作品

地下闘技場の少年王者・範馬刃牙は、地上最強の生物と呼ばれる父親・ 範馬勇次郎 との戦いを終えた。範馬勇次郎との対決に備えた過酷な鍛錬のおかげで、その強さは余人を寄せ付けない高みに到達。地下闘技場での試...