範馬 勇次郎

範馬刃牙(漫画)の登場人物。読みは「はんま ゆうじろう」。別称、地上最強の生物。範馬刃牙とは親族関係にある。

  • 範馬 勇次郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
範馬刃牙(漫画)
正式名称
範馬 勇次郎
ふりがな
はんま ゆうじろう
別称
地上最強の生物
別称

総合スレッド

範馬 勇次郎(範馬刃牙)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

範馬刃牙の父。中年の男性。戦場で鍛えられた我流の格闘術を使い、相手を力で叩きつぶすのを好む。素手で巨象や北極熊を倒すという、規格外の格闘能力を持つ。(オーガ)の異名は、全力を出す際に隆起した背中の筋肉が鬼の顔に見えることから。総理大臣の襲撃を予告し、警備の自衛隊を退けてこれを実行するなど、その力は文明社会でもいかんなく発揮される。

各国から脅威と捉えられており、衛星が監視する対象となっているばかりか、個人であるにも関わらずアメリカ大統領が友好条約を結ぶほど。自分の楽しみのためだけに格闘家をなぶり者にするなど、エゴイスティックで残忍な人物。何よりも戦いを優先する特異な価値観の持ち主で、刃牙をかばって自分に襲いかかってきた妻・朱沢江珠を躊躇なく殺害した。

刃牙に格闘技を教えていた時期もあったが、基本的には親らしいことをなにもしていない。刃牙に「食事のマナーを教えられなかった」と難詰され、激昂する一面も。出生の際、産婆の心に「自分を取り上げろ」と語りかけるなど、常識では計り知れない存在。

登場人物・キャラクター

傷だらけの肉体を持つ高校生の男性格闘家。地上最強の生物と恐れられる範馬勇次郎の息子で、優れた戦いの才能を受け継いでいる。高校生ながら現役格闘家たちを打ち破り、地下闘技場の王者として君臨してきた。その目...

登場作品

範馬刃牙は、地下闘技場の王者として様々な敵と戦い、強さを磨き続けてきた。ついに目標とする父・範馬勇次郎に挑戦状を叩きつける。 刃牙は、人間大にイメージしたカマキリや囚人のビスケット・オリバ、原始人のピ...