篠原 六花

篠原 六花

舞姫 テレプシコーラ(漫画)の登場人物。読みは「しのはら ゆき」。篠原 千花とは親族関係にある。

登場作品
舞姫 テレプシコーラ(漫画)
正式名称
篠原 六花
ふりがな
しのはら ゆき
関連商品
Amazon 楽天

概要

『舞姫 テレプシコーラ』のヒロインで小学5年生。1学年上の姉篠原千花と共に幼い頃から母親の経営する篠原バレエ研究所でバレエを習っている。おっとりした性格でメンタル的に弱く、おまけに股関節の問題で180度開脚が出来ないことを知って一度はバレエをあきらめようするが、立ち直って徐々にコリオグラファー(振付家)としての才能を開花させていく。

関連人物・キャラクター

篠原 千花

1学年違いの六花の姉。バレエひと筋で周囲からもその才能を期待されていた。しかし公演本番中に舞台上のアクシデントで靭帯断裂の大怪我をしてしまう。手術後、並はずれた意志の強さで復帰を目指す千花だったが、結果は思わしくなく更に再手術をすることになってしまうのだった。

関連キーワード

貝塚バレエ団

篠原六花、篠原千花の所属するバレエ団。姉妹の母の経営する篠原バレエ研究所は、貝塚バレエ団の支部。

登場作品

舞姫 テレプシコーラ

才能溢れる姉を襲う不運。才能も持ちながら極度の貧困で道が開けない転校生。その陰でのんびりとバレエを楽しんでいた主人公篠原六花が、様々な人と困難に出会い、バレエダンサーとして成長していく姿を描く。第11... 関連ページ:舞姫 テレプシコーラ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
集団・組織
logo