篠原重工

機動警察パトレイバー(漫画)に登場する架空の企業。読みは「しのはらじゅうこう」。

  • 篠原重工
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
機動警察パトレイバー(漫画)
正式名称
篠原重工
ふりがな
しのはらじゅうこう

総合スレッド

篠原重工(機動警察パトレイバー)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

レイバー製造企業の大手。特車2課第2小隊に配備されたイングラムの製造を手がけたほか、土木作業用、自衛隊用など数々のレイバーを製造している。元は町工場からスタートした民間企業で、現社長は篠原遊馬の父。技術力が高く、篠原重工製の自動的に姿勢を制御する機構「オートバランサー」は高い評価を受けており、これはイングラムにも搭載されている。

また、レイバー用の新型オペレーティングシステムも開発している。

登場人物・キャラクター

『機動警察パトレイバー』に登場するロボット。特車2課第2小隊に配備された篠原重工製のパトレイバー。型式番号はAV-98。泉野明が操縦する1号機と、太田功が操縦する2号機がある。従来のレイバーとは一線を...

登場作品

世界観舞台となるのは20世紀末の東京。過去に首都圏で震災があったため、瓦礫の処理と温暖化による海面上昇対策として東京湾を堤防で囲み、湾内を埋め立てる大規模工事計画「バビロンプロジェクト」が進行中。これ...