精神と時の部屋

ドラゴンボール(漫画)に登場する空間。読みは「せいしんとときのへや」。

  • 精神と時の部屋
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ドラゴンボール(漫画)
正式名称
精神と時の部屋
ふりがな
せいしんとときのへや

総合スレッド

精神と時の部屋(ドラゴンボール)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

時間の進み方が部屋の外と異なり、部屋の中の1年が外界の1日に相当する。地球ほどの広さを持つ空間で、酸素量は平地の四分の一、重力は地球の十倍ほどと過酷な環境になっている。一人の人間が一生で入っていられる時間は二日が限度であり、それを越すと入り口が消えて閉じ込められてしまう。また、同時に入れるのも原則として二人までである。

登場作品

世界観舞台は「地球」とされているが、現実世界とは異なる点が多々ある。住民は人間が中心だが、獣人や妖怪、魔物などが混在している世界である。一部の動物も言葉をしゃべる広義のファンタジーであり、作者の前作『...