紅 五郎

紅 五郎

バラの戦士(漫画)の登場人物。読みは「くれない ごろう」。

登場作品
バラの戦士(漫画)
正式名称
紅 五郎
ふりがな
くれない ごろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

南署に勤務する刑事。たとえ親でも法を犯す者は容赦しないという根っからのデカ気質の男。捜査能力の高さは空コンツェルン情報部長のシュワルツ青鬼も高く評価していた。詐欺罪で指名手配中の紅権介を追っている。また空コンツェルンに恨みを持つ元紅航空社員達のゲリラ活動を疑い、怪しい動きがないか探っている。

特に紅権介に対しては、今まで散々逃げられてきた事から、空コンツェルンに襲われ大怪我を負っていても病院に連れて行かず、そのまま手錠を掛けて連行した。取り調べ中に頭脳と行動力を買われてゲリラの仲間に誘われるが、目的を果たすため一般市民に被害を与えるゲリラの考え方には同意しなかった。

登場作品

バラの戦士

ライバル会社・空コンツェルンの謀略により父が経営していた紅航空を乗っ取られた上に、会長の息子・空大二郎には妹のタマキを殺害された高校生の紅将平。おじで詐欺師の紅権介や空コンツェルンへと移り屈辱的な扱い... 関連ページ:バラの戦士

SHARE
EC
Amazon
logo