紅孩児

紅孩児

西遊妖猿伝(漫画)の登場人物。読みは「こうがいじ」。

登場作品
西遊妖猿伝(漫画)
正式名称
紅孩児
ふりがな
こうがいじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『西遊妖猿伝』の登場人物で、いわゆる『西遊記』に登場する同名キャラクターを元に独自解釈で発展させた存在。唐に属さず、「漢東王」を名乗り河北一帯を治める劉黒闥(りゅうこくたつ)の部下だったが、やっていたことは群盗同然だった。犯罪者として捕らえられ舟で護送される際に、野人として捕らえられた孫悟空と一緒になり、ともに脱走ししばらくともに行動したことが因縁の始まり。

劉黒闥配下の他の仲間たち4人と合流し「六健将」を名乗ってともに戦ったこともある。李世民暗殺に失敗した際に片目を失い、その計画を密告した玄奘三蔵に深い恨みを抱いており、後に玄奘に同行することになる悟空とは対立することになる。竜児女をはじめ、羅刹女や突蕨にも馴染みがある顔の広い人間でもある。

関連人物・キャラクター

玄奘 三蔵

『西遊妖猿伝』の登場人物で、いわゆる『西遊記』に登場する同名キャラクターを元に独自解釈で発展させた存在。仏教の教えを極めようとしている精悍な顔立ちの学僧。中国では数多くの宗派が林立し、教えにも矛盾が生... 関連ページ:玄奘 三蔵

孫 悟空

『西遊妖猿伝』の主人公で、いわゆる『西遊記』に登場する同名キャラクターを元に独自解釈で発展させた存在。猿に攫われた人間の女性から生まれたとされる少年。無支奇に呼び寄せられ、かつて「黄巾の乱(こうきんの... 関連ページ:孫 悟空

登場作品

西遊妖猿伝

人々によく知られている中国の物語『西遊記』を、伝奇的要素を残しつつ、物語に描かれている唐代中国の史実や実在した人物も絡めながらオリジナル要素を加え、マンガというエンターテイメント作品として大胆に再構成... 関連ページ:西遊妖猿伝

SHARE
EC
Amazon
logo