紅本 明里

実は私は(漫画)の登場人物。読みは「こうもとあかり」。別称、紅本先生。紅本茜とは親族関係にある。

  • 紅本 明里
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
実は私は(漫画)
正式名称
紅本 明里
ふりがな
こうもとあかり
別称
紅本先生

総合スレッド

紅本 明里(実は私は)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

黒峰朝陽たちの担任。紅本茜の玄孫。悪魔の末裔だが、血は薄く普通の人間。実は元伝説のヤンキー「百度参りの亜華里」。亜華里伝説は、すべてフラれたエピソードでもある。独身でビール好き。白馬の王子様を本気で待っている。

登場人物・キャラクター

紅本明里のひぃひぃ婆さんで、黒峰朝陽らが通う高校の校長先生。見た目は幼いが、牛のような角としっぽが生えており、何千歳もの年を経た悪魔。そのため、よくカラスが集まってくる。お菓子が主食。白神葉子には子供...
登場時は高校2年。穴の開いたザルのように思ったことが顔に出てしまう、隠しごとのできない男。1年の秋ごろから白神葉子のことが気になっていた。恋愛には奥手のヘタレだが、吸血鬼の葉子の秘密を守ろうと奮闘する...

登場作品

隠し事ができない高校生の黒峰朝陽が告白した白神葉子は、実は吸血鬼だった。正体がバレたら退学させられるという彼女のため、朝陽は図らずも一緒に秘密を守ることになる。1年のときに好きだった学級委員長が宇宙人...