紋次郎

紋次郎

考える犬(漫画)の登場人物。読みは「もんじろう」。

登場作品
考える犬(漫画)
正式名称
紋次郎
ふりがな
もんじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

雨のなか捨てられていたところを会社帰りの大文字文左衛門に拾われ、飼われるようになった犬。当初は子犬だったが実は大型犬で、今では巨大に成長している。文左衛門をヒエラルキーで自分より下と見なし、妻や娘には従順だが、文左衛門のいうことはきかず、彼の都合を無視して散歩をせがむ、愛車のバイクのサイドカーを占拠するなど、傍若無人な振る舞いに出る。

登場作品

考える犬

やり手の編集長であり家族からも敬愛される父親である中年男性が犬を拾って飼うようになったことから、さまざまなトラブルに巻き込まれる様子を情緒豊かに描くエッセイ的作品。 関連ページ:考える犬

SHARE
EC
Amazon
logo