紫羅九音

天使禁猟区(漫画)の登場人物。読みは「あらくね」。九雷とは親族関係にある。

  • 紫羅九音
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天使禁猟区(漫画)
正式名称
紫羅九音
ふりがな
あらくね

総合スレッド

紫羅九音(天使禁猟区)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

ゲヘナ皇国の男性。ロングヘアでミニスカートという女性的な格好をしており、振る舞いや言葉使いも女性的。いつも九雷と一緒おり、何かとサポートしていた。表向きは九雷のイトコだ実は九雷の兄。ゲヘナ皇国の皇位を奪うためにベリアルのスパイをしていた。

登場人物・キャラクター

ゲヘナ皇国の第十四皇女。天使でも悪魔でもない邪鬼という種族。小柄で一見女の子には見えない。褐色の肌と銀髪が特徴。関西弁のような訛りで喋る。元気でがさつなところがあるが純粋な性格。かつて共闘していたアレ...

関連キーワード

九雷達邪鬼が所属する皇国。邪鬼たちで構成されている。九雷が亡国していた間に皇家の一族はほぼ全滅しており九雷と紫羅九音がたった二人の生き残りだった。自然霊である竜を信仰している。

登場作品

無道刹那は妹の無道沙羅のことが好きな普通の高校生だったが、ある日自身の前世がアレクシエルという天使だったと告げられる。そのことを信用しなかった無道刹那だったが次第に不可解な事件に巻き込まれ、超自然的な...